【作曲アイデア4】「転調」の種類をまとめてみた

【作曲アイデア4】「転調」の種類をまとめてみた

どうも、pulocoです。
今回は、「転調」の種類をまとめていきたいと思います。

 

さて、作曲アイデア3の「転調のパターン」を考える回にて、一番よく使われる定番の転調は大サビでの半音or全音の上昇転調だという話をしましたね。
特に歌ものの場合、キーがあまりにも高くならないように、全音よりも半音上に転調するパターンの方が多いように思います。

ただ、実はこの半音上への転調は、転調の中でも一番「不自然」な転調なんです。
何をもって「不自然」だと考えるかというと、「音階」が重要なポイントになります。

 

たとえば、Cmajorの音階

 ド レ ミ ファ ソ ラ シ (ド)

これを半音上に転調させるとD♭majorになります。

 レ♭ ミ♭ ファ ソ♭ ラ♭ シ♭ ド (レ♭)

この音階を比べてみると、共通音が「ド」と「ファ」のみです。
このように音階としての共通音が少ないほど、「疎遠」なキーだと考えることができます。

 

それに対して、Gmajorであれば

 ソ ラ シ ド レ ミ ファ# (ソ)

ということで、「ファ#」以外がすべて共通音
つまり、このようなキーは「親近感」のあるキーなんですね。

 

また、Cminorのように、主音(トニック)が同じ音階になるキーも「親近感」があると考えることができます。

さらに、音階の音が1つも変わらないAminorであれば、もはやポピュラー音楽では「転調」とは考えないほど「めちゃくちゃ自然」な転調ということになります。

 

ここまでをまとめますと、

 ・2つのキーの音階に含まれる音が共通していればいるほど、お互いが親近感のあるキーと言える。

 ・同じ音を主音としている音階は親近感があると言える。

ということですね。

 

 

さて、ここからは応用編理論的な話です。
ざっくりとはすでにまとめ済みですので、必要に応じて読んでいただければと思います。

 

 

ここで、あるキーに対して「特に親近感のあるキー」を4つ紹介します。

 

属調

「属調」とは、元のキーの属音(主音から数えて5番目、第Ⅴ音のこと)を主音にしたキーのこと。

ちなみに元のキーのmajor/minorはそのままになります。

 

たとえば、

Cmajorであれば、属音Gが主音となるmajorキーのことなので、Gmajorが属調

F#minorであれば、属音C#が主音となるminorキーのことなので、C#minorが属調

 

属調は、元のキーに対して、音階の音が1つしか変わらないという特徴があります。

 

下属調

「下属調」とは、元のキーの下属音(主音から数えて4番目、第Ⅳ音のこと)を主音にしたキーのこと。

こちらも属調と同様、元のキーのmajor/minorはそのまま。

 

たとえば、

Cmajorであれば、下属音Fが主音となるmajorキーのことなので、Fmajorが下属調

E♭minorであれば、下属音A♭が主音となるminorキーのことなので、A♭minorが下属調
(なお、A♭minorは調号として♭が7つ付いてしまうため、異名同音のG#minorで表記する場合の方が多いです)

 

下属調も属調と同様、音階の音は1つしか変わりません。

 

同主調

「同主調」とは、元のキーの主音をそのままに、major/minorを変えたキーのこと。

 

たとえば、

Cmajorなら、Cminor

Fminorなら、Fmajor、ということ。

 

同じ主音に支配されるので、親近感のあるキーとみなすことができます。

 

平行調

「平行調」とは、元のキーの調号をそのままに、major/minorを変えたキーのこと。

 

たとえば、

Cmajorなら、Aminor

Dminorなら、Fmajor

 

こちらは4つの中でもっとも親近感があると言ってもいいです。
なにせ調号が変わりませんから、むしろ転調していないと思ってしまうほど。
厳密に言えば転調なのですが、先ほども話したとおり、ポピュラー音楽においては転調とみなさない場合が多いように感じます。
というよりも、ポピュラー音楽においてはmajor/minorをそこまで意識しない感じです。

 


 

ということで、この4つのキーが、元のキーに対して「親近感」のあるキーだと言えるわけですから、これらのキーに転調するのが最も「自然」な転調になります。

 

ただこれだけだとどうしてもバリエーションが少なくなってしまいます。
そこで、これらを2つ以上組み合わせたキーに転調することもできます。

次回の作曲アイデアの回でまとめていきますねー!