拍子

第39回 拍子について考えよう⑨

今回は、拍子の最終回。 前回に引き続き、拍子に関する面白い例を紹介していきます! 5. 異なる拍子の併用 もう見出しからして何でもアリ感が。 これにはいくつかのパターンがあります。 5-1. 譜面の表記上をわかりやすくするため 例:プロコフィエフ作曲 ピアノ協奏曲第2番 第1楽章 冒頭の部分、上段の […]

第38回 拍子について考えよう⑧

今回から、拍子の最終章。 拍子に関する面白い例を2回に分けてご紹介! 1. 1拍子 そもそも「拍子」とはいくつかの拍をひとまとまりにしたもの。 そう考えると1拍子というのはあまり意味のない考え方のように思えますね。 ただ、使われている事例がありますので、それを基にその存在意義をひも解きましょう! 1 […]

第37回 拍子について考えよう⑦

今回ほどニッチな回はないかもしれません。  最も乗るのが難しいタイプの曲に乗れるようになろう! というテーマです。 マジで誰が参考にするんだ…… でも、乗れたら楽しいよ!!! さて、乗るのが難しいタイプとはどんな曲かというと、 「長い拍が3、短い拍が2」ではない、別の長い拍・短い拍を使っているパター […]

第36回 拍子について考えよう⑥

今回は、混合拍子の乗り方について。 第34回で紹介した曲の中でも、 チャイコフスキー 交響曲第6番 第2楽章 テイク・ファイヴ / デイヴ・ブルーベック Wind / Akeboshi のような、普通に拍を数えられるテンポの曲であれば、問題ありませんが、 それ以外はテンポが速いため、拍を数えるのがと […]

第35回 拍子について考えよう⑤

今回はリズムの「乗り」について。 ここで言う「乗り」は、「拍の取り方」に近い意味です。 例えばライブで曲に合わせて手拍子をする際、 「タン・ウン・タン・ウン」と叩くのと、「ウン・タン・ウン・タン」と叩くのとでは 全然乗りが変わってきます。(け〇おん! じゃないよ) これまで色々な拍子について触れてき […]

第34回 拍子について考えよう④

今回は拍子の応用編! 「混合拍子」と呼ばれる拍子について。 混合拍子は、  いくつかの違う拍子が組み合わされている拍子のこと と一般には言われますが、どちらかと言うと第31回で説明したとおり  拍数の多い拍子を、比較的数えやすい拍数(2拍・3拍・4拍)ごとに分解したもの と理解した方が分かりやすいか […]

第33回 拍子について考えよう③

今回は「複合拍子」と呼ばれる拍子について! 複合拍子とは何かというと、  いくつかの拍をひとまとまりにして「1拍」として数える拍子のこと。 たとえば、6拍子の場合。 「単純拍子」のように「1・2・3・4・5・6」と数えることもできますが 3拍分をひとまとまりとし、  [1・2・3]・[4・5・6] […]

第32回 拍子について考えよう②

今回は代表的な拍子について特徴などを考えていきます! 代表的な拍子といえば、 ・2拍子 ・3拍子 ・4拍子 の3つ。 今回はその中でも「単純拍子」と呼ばれる拍子について。 「単純拍子」とは、単純な1拍を基準として数えられる拍子のこと。 何のこっちゃ、という感じですが、とりあえず「普通の拍子のこと」く […]

第31回 拍子について考えよう①

今回からは拍子について考えていきます。 まずは「拍子」とは何か? から。 皆さん、突然ですが手拍子をしてみてください。 拍手のように早すぎると大変なので、適度なスピードにしてくださいね。 では、手拍子に合わせて「ウマ」と連呼してみましょう。 「ウ・マ・ウ・マ・ウ・マ・ウ・マ・ウ・マ……」 すると、「 […]