調(キー)

第15回 調(キー)について考えよう⑦

調の回、最後はそれぞれの調の持つイメージについて。 第13回でも触れたとおり、 調というのはあくまでどの音を主音としているかの違いであり、 曲のキーを変えても(=移調しても)曲の成立には何ら問題がない。 ということに触れました。 そのため、曲の調の選択としては、 楽器の特性や、ボーカルの音域に合わせ […]

第14回 調(キー)について考えよう⑥

今回は調の選び方の続き、ボーカル視点での話です。 今や、プロのボーカリストであればある程度広い音域をカバーできますし、 VOCALOIDを使えば人間技でない音域も実現することができます。 しかし、男性のコンポーザーが女性ボーカルの曲を作ることになった際、 自分の歌でデモを作ったら、かなり高い音域にな […]

第13回 調(キー)について考えよう⑤

今回は調の選び方について。 突然ですが、まずはこちらをお聴きください。   さて、今聴いていただいたのは長音階です。 「ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド~」と聞こえた方がほとんどではないかと思います。 それは、正しくもあり、間違いでもあります。 は? って感じですね。 こちらが先ほどの音源 […]

第12回 調(キー)について考えよう④

前回は、長音階と短音階における調号の考え方について学びました。 今回はそれ以外の音階における調号の考え方の話。 たとえば、「ラ」を主音とする「ドリア旋法」。 (ドリア旋法の詳細は第5回を参照) Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ   Ⅶ Ⅰ ラ シ ド レ ミ ファ# ソ ラ イメージは 短音階の第Ⅵ音を半音上 […]

第11回 調(キー)について考えよう③

さて、調の話に戻りましょう。 「調」と「調号」をすばやく結びつけるトレーニングとして、 今回は「調号からすぐに音階を理解できる」ようにしていきます。 まず、#や♭が1つも付いていない調から。 これは「Cメジャー」。 はい、覚えましょう!! えっと、これは覚えるしかないです。すみません。 はい、次。# […]

第9回 調(キー)について考えよう②

今回は「調」についての実践編。 「調」と「調号」をすばやく結びつけるトレーニングです。 今回は 調に合わせて正しく調号を書ける ようにしていきます。   前回お話したとおり、長音階は全部で12種類。 その長音階をすべて調べてみると、 #や♭の付き方にはある一定のルールがあることがわかります […]

第8回 調(キー)について考えよう①

今回からは調(キー)についての話です。 初めに、調とは何か? 整理していきましょう。   まずは音階の復習から。 音階は、 ① 1オクターヴ(たとえばドから上のドまで)の中の音の配列のことで、 ② 中心的な音が決まっているもの であり、この中心的な音のことを「主音」と呼ぶのでしたね。 たと […]