和音(コード)

第30回 和音(コード)について考えよう⑨

今回は和音の最終回。コード進行の小技をまとめていきます! まずは、この曲をお聴きください。 この曲に使われているコード進行の小技について説明していきましょう! 1. ドミナントモーション 「ドミナント」というのは、音階においての「属音」を根音とするコードのことでした。 「トニック」へ向かおうとする「 […]

第29回 和音(コード)について考えよう⑧

今回も、前回に引き続き  構成音を変化させてコードの響きをカスタマイズする がテーマ。 今回も前回と同じ進行を使って雰囲気を変えてみます。 ※分かりやすくするため、楽譜と音源は完全に一致させていません 今回は、切なく優しい雰囲気を目指します!! まずは、②、⑥のⅤをマイナーコードに変えます。 普通、 […]

第28回 和音(コード)について考えよう⑦

今回は、  構成音を変化させてコードの響きをカスタマイズする をテーマに話していきます。 ただ、このテーマ、カスタマイズ仕方を説明しようにも 「可能性が無限大」にありますので、すべてを説明しつくすのは困難です。 そこで、構成音の変化がどのような効果をもたらすか、 具体例として、基本のコード進行を変化 […]

第27回 和音(コード)について考えよう⑥

今回は、マイナーコードを基本として出来上がる4和音について考えていきましょう! ① 基本形:マイナーコード まずは、基本形のおさらい!  根音 + 短3度上 + 完全5度上 の3音で構成されるのが、マイナーコードでしたね。 「ド」が根音の場合は、「ド ミ♭ ソ」。コードネームは「Cm」。 ② マイナ […]

第26回 和音(コード)について考えよう⑤

今回は、3和音に音を一つ加えて、4和音を考えてみます。 第22回で、 今後のOTO LABOにおける和音の考え方は  ・基本は「メジャーコード」と「マイナーコード」  ・それ以外の和音は、その亜種  ・亜種の作り方は、   ① 音を取り除いたり、追加することで色をつけていく   ② 元となる構成音を […]

第25回 和音(コード)について考えよう④

前回のおさらい。 ダイアトニック・コードの中で、重要な役割を持つ和音を3つ紹介しました。 トニック:最も安定感・終止感のある和音 Ⅰ  ド  ミ  ソ  ⇒ C ドミナント:トニックへ向かおうとする要素の強い、不安定な和音 Ⅳ  ファ ラ  ド  ⇒ F サブドミナント:ドミナントほどではないが、優 […]

第24回 和音(コード)について考えよう③

前回のおさらい。 音階の各音を根音とし、その音階の中だけでできる3和音を作ります。 たとえばCメジャーの場合、 Ⅰ  ド  ミ  ソ  ⇒ C Ⅱ  レ  ファ ラ  ⇒ Dm Ⅲ  ミ  ソ  シ  ⇒ Em Ⅳ  ファ ラ  ド  ⇒ F Ⅴ  ソ  シ  レ  ⇒ G Ⅵ  ラ  ド  ミ   […]

第23回 和音(コード)について考えよう②

今回は少しコード進行の話に踏み込んでいきます。 コード進行とは、和音の変化のこと。 その変化の仕方によって、音楽全体の流れはもちろん、その曲の「ムード」を作ることができます。   まず、知っておいてほしいのは「ダイアトニック・コード」というもの。 「ダイアトニック・コード」とは、音階中の音 […]

第22回 和音(コード)について考えよう①

今回からは和音について考えてみます! 「和音」とは2つ以上の異なる高さの音が同時に響く音のこと。 前回までの音程の回で鳴らしていたのは、2つの違う音が響いていたので「2和音」ということになります。 いわゆる古典的な音楽理論においては「和音」の基本は「3和音」と考えられていて、  「2和音」は「3和音 […]